奉行あれこれ

奉行製品のラインナップ
奉行i11シリーズ
新しいものから
奉行i11奉行i10奉行i8

                              奉行i奉行21Ver.5、・・・

2021年3月現在、販売中のシリーズは奉行i11・奉行i10(条件あり)になります。

以下、勘定奉行i11を例にとり説明します。
スタンドアロン版
多くの方がこれを使用しています。1台のPCで使用します。
入力したデータは、使用しているPCに保存されます。
スタンドアロン版には、更に3つのシステムがあります。
SPシステム  Sシステム+出力様式登録+複数予算管理
Sシステム   Bシステム+部門実績配賦など
Bシステム   仕訳処理+会計帳票+分析帳票+予算管理+消費税申告+決算処理
NETWORK Edition(ネットワーク版)
サーバーを介して複数のPCで使用します。
入力したデータは、サーバーに保存されます。複数の人が入力したデータを一元管理することができます。
NETWORK Editionには、2つのタイプがあります。
TypeNP スタンドアロン版のSPシステムと同等の機能
TypeNS スタンドアロン版のSシステムと同等の機能
※それぞれ、3ライセンス、5ライセンス、10、20、・・・とライセンス数によって価格が異なります。

奉行クラウド  2018年2月 販売開始
奉行クラウド
インターネット環境をご用意いただくだけで、ご利用いただけます。
会計士・税理士、社労士等の専門家と一緒に利用できる「専門家ライセンス」が標準で提供されています。
上記の奉行i11シリーズ・V ERPの買取型と異なり、利用料型(年払)のシステムになります。
OMSS LLS(年間保守)も利用料に含まれています。

奉行クラウド Edge
奉行Edge
従業員が行う申請書等の定型業務プロセスを改善し、従業員とバックオフィス(事務処理部門)双方の生産性を高める手助けをします。
例えば、Edge給与明細電子化クラウドならば...
従業員:給与明細を配信されたメールやサーバーにアクセスし、時間・場所にとらわれず閲覧することができます。
バックオフィス:印刷・封入の手間がありません。外出が多い従業員にも渡し漏れがありません。
例えば、Edge年末調整クラウドならば...
従業員:PCやスマートフォンを利用して、自宅にいながら入力・提出をすることができます。入力に際しては、前年データの表示・控除額の自動計算が操作の補助をします。
バックオフィス:申告書の回収状況を一覧画面で把握できます。集めた申告書データは給与システムに入力することなく移行できます。
主な、奉行Edgeクラウドの一覧をご覧ください。

V ERP(戦略型クラウドERP)
VERP
奉行i11シリーズ(スタンドアロン版・NETWORK Edition)の上位モデルになります。環境変化に合わせて、容易に周辺のサービス・クラウドを活用、連携して運用できるクラウドERPです。中堅・上場企業特有の経営課題の即戦力となり、さらなる企業成長を支えます。

バージョンアップとOMSS LLS(保守契約)
シリーズを越えてのバージョンアップ(ここではメジャーバージョンアップと呼びます)
「サポートメンテナンス終了」等で新しいシリーズにアップすることです。費用が発生します。
  例)勘定奉行21Ver.5 → 勘定奉行i 10
奉行i 8シリーズまでは、サポートメンテナンスが終了する度に、費用をかけて新しいシリーズにバージョンアップしていただいたかと思います。
しかし、奉行i 10シリーズから始まった「OMSS LLS」に加入すると、毎年少しの積み立てでバージョンアップの費用がかからなくなります。 →奉行i 11シリーズから「OMSS LLS」の新規取り扱いはなくなりました。
同じシリーズの中でのバージョンアップ(ここではマイナーバージョンアップと呼びます)
税制改正などでインストールするバージョンアップ。DVDの真ん中にリビジョン(“2.50”など)が印刷されています。
OMSS(保守契約)に加入していれば、こちらのバージョンアップは無償となります。
  例)勘定奉行i 8 リビジョン 2.13 →勘定奉行i 8 リビジョン 2.50

OMSS LLS/OMSS(保守契約)の価格
スタンドアロン  スタンドアロンとは?
年間標準価格 税込(かっこ内税抜)  弊社販売価格についてはお問い合わせください
 ※DVD送付なしの場合は
 −11,000円になります
i 8シリーズ i 10シリーズ i 11シリーズ
OMSS LLS OMSS   OMSS LLS OMSS  
勘定奉行/商奉行/蔵奉行/
就業奉行/人事奉行/
法定調書奉行/
申告奉行[内訳書・概況書編]
55,000
(50,000)
66,000
(60,000)
62,700
(57,000)
77,000
(70,000)
70,400
(64,000)
給与奉行/固定資産奉行/
申告奉行[法人税・地方税編]
66,000
(60,000)
77,000
(70,000)
73,700
(67,000)
90,200
(82,000)
83,600
(76,000)
勘定奉行[個別原価管理編] 74,800
(68,000)
88,000
(80,000)
84,700
(77,000)
103,400
(94,000)
95,700
(87,000)
セット価格
商奉行+蔵奉行
88,000
(80,000)
93,500
(85,000)
86,900
(79,000)
110,000
(100,000)
97,900
(89,000)
セット価格
給与奉行+人事奉行
99,000
(90,000)
121,000
(110,000)
114,400
(104,000)
   
●i11のOMSS LLSは、i10のOMSS LLSからバージョンアップした場合に限り加入することができます。

NETWORK Edition  NETWORK Editionとは?
年間標準価格 税込(かっこ内税抜)  弊社販売価格についてはお問い合わせください
 ※DVD送付なしの場合は
 −11,000円になります
ライセンス数 i 8シリーズ i 10シリーズ
OMSS LLS OMSS
勘定奉行 Type NS
給与奉行 Type NS
就業奉行 Type NS
商奉行 Type NS
蔵奉行 Type NS
3ライセンス 148,280
(134,800)
221,100
(201,000)
162,800
(148,000)
5ライセンス 179,960
(163,600)
275,000
(250,000)
201,300
(183,000)
   
勘定奉行 Type NP
給与奉行 Type NP
就業奉行 Type NP
商奉行 Type NP
蔵奉行 Type NP
3ライセンス 161,480
(146,800)
242,000
(220,000)
178,200
(162,000)
5ライセンス 193,160
(175,600)
294,800
(268,000)
215,600
(196,000)
   
人事奉行 Type NS 3ライセンス 210,320
(191,200)
316,800
(288,000)
232,100
(211,000)
5ライセンス 245,960
(223,600)
375,100
(341,000)
273,900
(249,000)
   
人事奉行 Type NP 3ライセンス 238,700
(217,000)
397,100
(361,000)
290,400
(264,000)
5ライセンス 280,500
(255,000)
455,400
(414,000)
332,200
(302,000)
   
固定資産奉行 Type NS 3ライセンス 174,680
(158,800)
261,800
(238,000)
192,500
(175,000)
5ライセンス 206,360
(187,600)
314,600
(286,000)
231,000
(210,000)
   
勘定奉行[個別原価管理編] Type NS 3ライセンス 214,280
(194,800)
322,300
(293,000)
235,400
(214,000)
5ライセンス 245,960
(223,600)
375,100
(341,000)
273,900
(249,000)
   
法定調書奉行 Type NS
申告奉行[内訳書・概況書編] Type NS
3ライセンス 96,800
(88,000)
143,000
(130,000)
106,700
(97,000)
5ライセンス 115,280
(104,800)
176,000
(160,000)
129,800
(118,000)
   
申告奉行[法人税・地方税編] Type NS 3ライセンス 135,080
(122,800)
201,300
(183,000)
148,500
(135,000)
5ライセンス 166,760
(151,600)
254,100
(231,000)
187,000
(170,000)