PCAクラウド

奉行あれこれ

奉行シリーズとは
新しいものから
奉行i10奉行i8奉行i奉行21Ver.5、奉行2000、・・・

2017年4月現在、販売中のシリーズは奉行i10になります。

奉行シリーズの中のラインナップ
勘定奉行i10を例にとり説明します。
スタンドアロン版
多くの方がこれを使用しています。1台のPCで使用します。
入力したデータは、使用しているPCに保存されます。
スタンドアロン版には、更に3つのシステムがあります。
SPシステム  Sシステム+出力様式登録+複数予算管理
Sシステム   Bシステム+部門実績配賦など
Bシステム   仕訳処理+会計帳票+分析帳票+予算管理+消費税申告+決算処理

NETWORK Edition(ネットワーク版)
NETWORK Edition
サーバーを介して複数のPCで使用します。
入力したデータは、サーバーに保存されます。複数の人が入力したデータを一元管理することができます。
NETWORK Editionには、2つのタイプがあります。
TypeNP スタンドアロン版のSPシステムと同等の機能
TypeNS スタンドアロン版のSシステムと同等の機能
※それぞれ、3ライセンス、5ライセンス、10、20、・・・とライセンス数によって価格が異なります。

新ERP(カスタマイズ・ネットワーク版)
新ERP
NETWORK Editionの上位モデルになります。企業に合わせたカスタマイズをすることができ、企業の成長や環境の変化に対応することが可能です。

OBCクラウドサービス  2016年11月 サービス開始
奉行10シリーズ、クラウド環境、運用・サポートまで、すべてOBCが提供するシステムです。
インターネット環境をご用意いただくだけで、ご利用いただけます。
上記のスタンドアロン版・NETWORK Edition・新ERPの購入型と異なり、利用料型(年払)のシステムになります。
OMSS LLS(年間保守)も利用料に含まれています。

奉行10クラウド  2016年11月 サービス開始
パブリッククラウドサービス(IaaS・PaaS)と組み合わせてご利用いただく利用料型のシステムになります。
OMSS LLS(年間保守)も利用料に含まれています。
現在、対応パブリッククラウドには、MicrosoftのAzure、AmazonのAWSなどがあります。

バージョンアップとOMSS LLS(保守契約)
シリーズを越えてのバージョンアップ(ここではメジャーバージョンアップと呼びます)
「サポートメンテナンス終了」等で新しいシリーズにアップすることです。費用が発生します。
  例)勘定奉行21Ver.5 → 勘定奉行i 10
奉行i 8シリーズまでは、サポートメンテナンスが終了する度に、費用をかけて新しいシリーズにバージョンアップしていただいかと思います。
しかし、奉行i 10シリーズから始まった「OMSS LLS」に加入すると、毎年少しの積み立てでバージョンアップの費用がかからなくなります。
同じシリーズの中でのバージョンアップ(ここではマイナーバージョンアップと呼びます)
税制改正などでインストールするバージョンアップ。DVDの真ん中にリビジョン(“2.50”など)が印刷されています。
OMSS(保守契約)に加入していれば、こちらのバージョンアップは無償となります。
  例)勘定奉行i 8 リビジョン 2.13 →勘定奉行i 8 リビジョン 2.50

OMSS LLS/OMSS(保守契約)の価格
スタンドアロン  スタンドアロンとは?
年間価格 定価 (税抜)
  i シリーズ  i 8シリーズ i 10シリーズ
OMSS LLS OMSS
※DVD送付なしの場合は、−10,000円になります
勘定奉行/商奉行/蔵奉行/
就業奉行/人事奉行/
法定調書奉行/
申告奉行[内訳書・概況書編]
50,000 50,000 60,000 57,000
給与奉行/償却奉行/
申告奉行[法人税・地方税編]
60,000 60,000 70,000 67,000
勘定奉行[個別原価管理編] 68,000 68,000 80,000 77,000
セット価格
商奉行+蔵奉行
80,000 80,000 100,000 94,000
セット価格
給与奉行+人事奉行
90,000 90,000 110,000 104,000
●OMSS途中加入した場合や、解約後に再加入する場合は、OMSS料金に加え、1年分のOMSS料金相当額の手数料が発生します
●OMSSからOMSS LLSへプランを切り替える場合は、別途、OMSS LLS未契約期間(年単位)分の差額費用が発生します

NETWORK Edition  NETWORK Editionとは?
別途お問い合わせください。
新ERP  新ERPとは?
別途お問い合わせください。